自動車の損害保険には任意保険または自賠責保険の2つの種類が存在します。自賠責保険、任意保険の双方ともに不測の事故に備えたものですが、契約の内容は細かな点で違っているといえます。二つの保険に関しては補償がなされる条件が一様とはいえません。※相手に関しては、任意保険、自賠責保険によって補償できます。※自分については[任意保険]によって補償されるようになっています。※自己の財産においては[任意保険]を用いて補償できます。自賠責保険単体では、自分の傷または愛車を対象とした補償などのサポートは享受できません。続いて相手に対する補償などのサポートですが自賠責保険では死亡してしまった時は上限3,000万円・後遺障害を与えてしまった場合上限4000万円などというようになります。ただし賠償額が直前に述べた値を上回ってしまうことは結構な頻度で起こり得ることに注意しましょう。また相手方のマイカー・建物を破損してしまった際においては加害した者の全くの自己賠償となるという決まりです。そういった負担は個人には荷が重すぎるため任意保険という別の種類の保険が大切になるのです。被害を受けた者に対する救済を重視する任意保険にはそれ以外にも役目が用意されています。※相手へは、死亡時あるいはケガのみならず、マイカーないしは家というようなものを賠償してくれるのです。※自分自身に対しては同伴していた人も対象として、死亡時あるいはケガを賠償するのです。※自分の所有する財産については車を補償してくれるのです。種々の面についてサポートがしっかりしているのが任意保険というものの強みなのです。保険の料金の負担は欠くべからざるものとなりますが事故の相手のためにも自分のためにも、車に余計な心配を抱くことなく乗りたいのであればぜひとも任意保険に加入しておいた方がよいでしょう。