カー保険の中で、代理店タイプの自動車保険という名称のものがあります。代理店タイプのカー保険というのは代理となる店を利用して自動車用保険の加入をする自動車用保険です。それでは代理店型自動車保険には、どういう利点とマイナス面があるかを解説します。代理店申込みのクルマ保険の最大の強みはクルマ保険のプロフェッショナルと質疑応答できることです。自動車用保険を自分で分析しようとすると、保険の言葉が解読できなかったり、どの補償が大事かが判断できないことばかりです。そして、専門の知識を手に入れてから、のちに、カー保険を選択しようとしても相当、長時間の学習が必須になってしまいます。休暇がある人であれば適切といえるかもしれませんが勤めながらもマイカー保険の知識を覚えることに関しては非常に難しいと言えますし相当にうっとおしい作業になります。けれど代理店式保険を選ぶとマイカー保険に関連する専門性が無くても、プロフェッショナルが相談に乗ってくれるので当人が知識を学ぶ必要性が無いです。さらにあらゆる質問が可能ですから、現実に合ったクルマ保険に申し込める確率大です。他方代理店申込みの保険のボトルネックは固定範囲のマイカー保険の中からしかマイカー保険を選択することができないことと、保険料の高額さと言えます。基本的に仲介店は彼らが取り扱っている商品を勧めてくる傾向があるので制限されたクルマ保険企業のうちでマイカー保険を検討しないといけません。ということで、選択肢がどうやっても狭まるという欠点が存在します。その上、別業者を仲介していることもあって、保険料が上昇するというデメリットも要注意です。