マイカー保険はおよそ通販型自動車用保険と代理店タイプのマイカー保険に区分できます。けれど、これらのWeb申し込みマイカー保険と代理店タイプの車保険の2種類は、どう差があると思いますか?基本的なことですが通販タイプクルマ保険と呼ばれるものは代理店を仲介することなしにカー保険業者のWebフォームを利用してダイレクトに保険を申し込む形式のことをいいます。仲介業者を用いないことから、自動車保険の掛け金は代理店式カー保険と比べて低料金というメリットが知られています。そういった価格の安価さという特長が通販型自動車用保険の絶大なアピールポイントですが、代理店式クルマ保険のように質疑応答するわけにはいかないので、個人で保険内容を選ばないといけなくなります。また、代理店経由のカー保険というのは、自動車保険企業の代理業者に契約を依頼することです。Web登場前だったらこういった代理店式カー保険を利用するのが一般的でした。代理店方式のマイカー保険の特長は、クルマ保険のプロにサポートしてもらい確実に細部を選択することができるので、保険知識がなかろうと安全に加入できるところです。自動車用保険に限定せず保険分野においては、用語がずらりとあるせいで、把握するのも大変です。加えて自分一人で選択すると補償の中身が雑になりがちです。けれども、代理店式であれば、加入者の希望をエキスパートに伝えることができれば、それに応じたマイカー保険を選定してくれるからすごく簡単ですし安心です。そういった代理店経由の自動車保険のいいところですが店を利用している分だけ費用が多少高いです。Web形式車保険代理店式車保険に関しては、以上のような溝があるものなのでどちらの方式が自分に相性がいいかを冷静に考えてください。